腕章が役立つ場面

ボランティア

社会貢献やボランティアという名目で活動をしている大手企業は、必ず腕章をつけています。これは、地域住民に企業の存在を知ってもらうためです。こういった社会貢献活動は、後に高く評価されるため、企業にとってもよい兆しが見えるでしょう。

スタッフと来場者の区別がつけられる

企業ごとにブースが設けられている場所での腕章はとても重要は役割をします。例えば、来場者とスタッフを区別したい場合、腕章の有無で誰が関係者なのかをすぐに把握できます。腕章が目印になるので、来場者の道しるべとなるでしょう。

企業説明会で使える

多くの企業が一か所に集まり、求職者に向けて会社説明会を行なうイベントです。より沢山の求職者にきてほしい場合に、腕章がいい仕事をしてくれます。お陰で、ブースには多くの求職者が集まるでしょう。人材を確保する時に助かります。

素早い対応ができる

企業主催のイベントでアルバイトを派遣する際も、腕章が使われています。腕章を見ればスタッフだとわかるので、来場者への対応がすぐできる点は助かります。

腕章がもたらす宣伝効果を知って企業戦略に役立てよう

色見本

腕章は2種類ある

一口に腕章と言っても警察や警備といった場合に使う腕章と、一般入場が不可能な場所に入る際に付ける腕章の2パターンが存在します。入場許可証の場合、一般的には首に巻き付けますが、腕に巻くと認証する手間が省けて大変便利でしょう。

CMYK

腕章はオーダーメイドに限る

企業のロゴを始め、イラストや校章を入れてオリジナル腕章を作るサービスが法人からとても人気です。書体から刺繍、カラー、ビニールなどを厳選し、企業向けの腕章を作成します。データがすでにある場合は、デザイン費もかからず大変お得です。キャラクターをあしらいたい場合はみんなとアイディアを出し合って作っても面白いでしょう。現在使用している腕章を新しくしたい場合も、オーダーメイドは非常に役立ちます。

広告

他にもこんな宣伝方法がある

企業をよりアピールするなら、腕章以外にハガキを使ったDMがいいでしょう。またイベントに自社製品を展示するなら、立て看板があると便利ですよ。人目を引くようなデザインにすれば、多くの人でごった返すはずです。

宣伝に利用している法人の声

売り上げが伸びた

自社製品の販売をしていますが、まだできたばかりの会社で認知度が低く、売り上げもよくない状態でした。しかし、イベントに出させていただく機会があったので、企業宣伝になると思い腕章や立て看板の作成を業者に依頼しました。しばらくすると、数字に変化が見られ、今では誰もが知る人気メーカーへと上り詰めました。

広告募集中