薬を利用して治す

しみとそばかす薬に効く外用薬

顔にできるしみやそばかす薬というのは、ある人にとってはとても気になるものです。 一般的にいわれるしみというのは老人性色素斑と呼ばれるもので、そばかすも実はしみの一種なのです。 できてしまったしみやそばかす薬は、どのようにして治したら良いのでしょうか。 皮膚科では、主に2種類のしみとそばかす薬に効く外用薬を処方しているようです。 まずは、ハイドロキノン軟膏というものでお肌の漂白剤とも呼ばれるもので、しみの元の部分に働きかけてメラニンの生成を抑える作用があります。 また、トレチノイン軟膏というものもあり肌の新陳代謝を促進させ、お肌を若返らせながらしみも自然な形で排出させるというものです。 どちらの薬も専門医の医師の指示をのもと、経過を見ながらきちんと使用することが大切です。

内服薬の種類について

外用薬の他にも内服薬もあり、しみやそばかす薬の種類によって使い分けることが必要です。 まず、トランサミンというものです。 色素沈着を抑えメラニンの生成を抑制する効果があり、医療の現場では止血剤として使用されている成分です。肝斑の治療にも使用されています。 次に、ビタミンCです。 内服薬や食べ物から摂ることで色素沈着を緩和しますし、抗酸化作用もあります。 それから、ビタミンEです。 高い抗酸化作用があり、メラニンが生成されるのを抑制します。また代謝を促進させる効果もあり、一緒にビタミンCも摂ることで相乗効果が期待できます。 最後に、Lシステインです。 お肌の生まれ変わる周期を整えて、メラニンの生成を自然な形で排出します。 実際にしみやそばかす薬の処方は、その方のしみの種類にによっても変わってきますので医師によく相談しましょう。

Copyright(c) 2015 しみやそばかすに効く薬【ウェルカムハッピー美肌】 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com