企業宣伝に使う垂幕の作り方を頭に入れよう

垂幕はお店の顔

魅力的な宣伝文句で企業アピールができる垂幕は、作り方を間違えると、格好悪くなります。業者に依頼する場合は、下記の注意点を参考にしましょう。

垂幕を作る時の注意点

適切なサイズにする

サイズがわからないまま作成したせいで、設置できなかったということがよくあります。どこに設置するかでサイズも違ってくるので業者と相談しながら決めましょう。

デザインに注意する

自分でデザインするのもいいですが、完成品を見るとパッとしないことがあります。垂幕に合う書体や文字の大きさがあるので、作成未経験だと安っぽいデザインになるでしょう。

材質選びも慎重に

屋外と屋外では、垂幕の素材も全く違ってきます。特に屋外は外気に触れるため、塩化ビニールを使った丈夫な材質を選ぶようにしましょう。短期設置や屋内用の垂幕は、持ち運びが便利なポリエステルがおすすめです。しわになりにくいので保管もラクに行なえますよ。

企業宣伝に使う垂幕の作り方を頭に入れよう

男女

垂幕ができるまで

適切な材質を選んだ後、デザインを作成します。データの準備ができている場合は、メールにて送付しましょう。法人の場合は、企業ロゴがあると業者も作りやすくなります。データがない場合は、業者がデザインを行ない、お客さんとチェックをします。その時に頂いた意見を元に修正していき、垂幕を完成させます。

印刷

作成にかかる費用

垂幕の作成費用は大体5千円からです。サイズが大きくなればなるほど金額は上がるでしょう。横幅が90㎝から200㎝だったら、4千円から5千円ぐらいでしょうか。これに近い金額を提示する業者もいれば、さらにもっと安く提供するところと色々あるので比較が大事でしょう。

より効果を出すならDMが役立つ

宣伝効果を上げるポイントとしては、垂幕と一緒にDMを活用することです。発送が面倒なら、DM発送代行業者に依頼するのもありですよ。通常ハガキなら、一枚50円ほどで作れます。ぜひチェックしてみてくださいね。

広告募集中