日々の生活から改善

メラニン色素を内側から撃退

透明な美しい肌は女性のあこがれの的です。毎日のスキンケアでも、しみやそばかすを解消するべく、美白化粧品や高価な保湿剤を使用する傾向にあり、化粧品会社でもビタミンC誘導体といった肌によい化粧品やそばかすに効果のあるそばかす薬を多く販売しています。 スキンケアで注意したいのは、出来てしまったしみには内側からのケアが必要で、外側からのケアがあまり効果が薄いということです。しみやそばかすの原因は、紫外線を浴びたことで作られる黒い色が特徴的なメラニン色素という物質です。この物質がそばかす薬などで分解されないまま体内に残ると、新陳代謝の際、肌の表面に徐々に上がってきて、黒や茶色の斑点を残してしまいます。このため、外側からケアするよりも内側からメラニン色素を解消することが重要となります。

内側からじっくりケアをしましょう

女性に特有な、両頬に対照的にできるそばかすのような斑点は、ホルモンバランスの崩れによる肝斑と呼ばれるものです。この肝斑は点状のしみが出来るのですが、いくらそばかす薬で外側からケアしても、エステでレーザーをしても良くならないという特徴があります。肝斑は、トラネキサム酸という専用のそばかす薬を服用して初めて効果があるため、内側からのケアが大変重要となってきます。 肝斑のように、肌トラブルは内側からじっくり改善すること、しみが出来ないように日焼け対策をして十分な栄養を摂ることが重要です。良質な肌を作り出すビタミンC、肌の弾力を産むコラーゲンを多く含む食品を摂って、日焼け止めを内側から予防するPABAなどの補助サプリを摂ることが有効です。

Copyright(c) 2015 しみやそばかすに効く薬【ウェルカムハッピー美肌】 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com